世田谷区に対応しているポスティング業者紹介の世田谷区ポスティング.com|世田谷区の地勢

「世田谷区ポスティング.com」のサイトに関するお問い合わせ電話番号

世田谷区あれこれ

世田谷区の地勢

世田谷区の地勢の写真

 世田谷区の地形

世田谷区は、武蔵野台地の南縁部に位置しており、区の北部および中央部はほぼ台地、区の南側境界付近は多摩川に沿って広がる氾濫低地となっています。

北部および中央部の台地面は、区の西側から多摩川に流れ込む野川・仙川、砧公園~等々力駅付近を南北に流れる谷沢川、区の東側境界付近で目黒川となる北部の小河川などによって刻まれ、大小の谷底低地が樹枝状に広がっています。

なお、谷沢川は多摩川への合流点付近で、都内では珍しい渓谷の景観(等々力渓谷)を見せています。

 世田谷区の地質 ①:台地面

世田谷区の大半は、比較的海抜高度が高く起伏の少ない平坦面で、関東ローム層と呼ばれる火山灰土で覆われています。関東ローム層は、上部のローム土(赤土)と下部の凝灰質粘土に大別されますが、自然堆積したローム土は、安定しており比較的大きな強度が期待できるため、表土部分に注意すれば住宅地盤として良好な場合が多いのが特徴です。

 世田谷区の地質 ②:谷底低地

世田谷区においては、野川・仙川・谷沢川など、台地部分が小さい河川や水路によって削られて形成された低地で、台地部の間に樹枝状に分布しています。台地を形成していた土砂が再堆積した土や有機質土(腐植土)などが分布しています。

 世田谷区の地質 ③:氾濫低地

世田谷区内を流れる多摩川など、大河川流域に広く分布する標高の低い平坦面です。地下水位が高く、軟弱な粘土やシルトが厚く分布しているため、長期的な沈下が発生する場合があります。

世田谷区の町丁図

世田谷区の町名地図

 世田谷区の町名

  • 池尻
  • 三宿
  • 太子堂
  • 三軒茶屋
  • 若林
  • 世田谷
  • 弦巻
  • 経堂
  • 宮坂
  • 桜台
  • 下馬
  • 野沢
  • 上馬
  • 野沢
  • 代田
  • 梅丘
  • 豪徳寺
  • 代沢
  • 羽根木
  • 大原
  • 松原
  • 赤堤
  • 桜上水
  • 東玉川
  • 奥沢
  • 玉川田園調布
  • 玉堤
  • 等々力
  • 尾山台
  • 上野毛
  • 野毛
  • 中町
  • 上用賀
  • 用賀
  • 玉川
  • 瀬田
  • 玉川台
  • 駒沢公園
  • 新町
  • 桜新町
  • 深沢
  • 祖師谷
  • 千歳台
  • 船橋
  • 喜多見
  • 宇奈根
  • 鎌田
  • 岡本
  • 大蔵
  • 砧公園
  • 上北沢
  • 八幡山
  • 上祖師谷
  • 粕谷
  • 給田
  • 南烏山
  • 北烏山
  • 北沢
  • 成城